福祉車両専門店 > 福祉車両 スロープ・リフタータイプの特徴

福祉車両の機能説明

スロープ・リフタータイプ 車椅子が必要な介護者が、車椅子に乗ったままで乗降が可能なタイプです。
福祉車両 スロープ・リフタータイプの特徴

スロープタイプは、車両の背面に車いすを乗せる為の坂(スロープ)が装備されており、車いすを利用されている方が車いすごと乗り降り出来るタイプを指します。
リフタータイプも同じく車いすをそのまま乗せるという動作は同じです。


スロープタイプ・リフタータイプ共に、最大の利点は車いすに乗ったままで車内に乗り込めるということです。

スロープ車の特徴

このスロープ車は、電動あるいは手動でスロープが展開・収納するタイプです。

福祉車両スロープ・リフタータイプ

車いすごとお車へ乗り降りする為のスロープ(坂)は、車両の背面に装備されています。
電動スロープは簡単なボタン操作で、ゆっくりと展開されます。
この時、同時に車高も下がっているのでスロープ自体の傾斜角も大変緩やかになります。
お車によっては、車高を下げる操作が別になっているものもございます。

展開されたスロープを使い、車いすのまま乗り込みます。

福祉車両スロープ・リフタータイプ

乗り込む際、車いすの下部フレームに電動ウィンチベルト又は後退防止ベルトのフックを引っかけます。
この時、スロープ(坂)を登るので後ろに下がらないよう後退防止装置を起動させます。
それにより車いすから介護者の方が手を離しても、車いすがスロープを滑り落ちることはありません。

こちらの写真は車内装置の写真です。

福祉車両スロープ・リフタータイプ

後退防止装置によってお車に乗り込んだら、車いす固定装置のフックを車いすの後輪側の下部フレームに引っかけます。 その後、スイッチで固定をすることによりしっかりと車いすが固定され、走行中も車いすがガタつくことはありません。

福祉車両スロープ・リフタータイプ

スロープ車の欠点として、車いすに座った状態で長距離を揺られるのは体力的な負担が大きくなるという点です。
利点としては、車いすの方を移乗させる等の介護者の方の負担が大幅に軽減されるところです。

メーカーや車種によりますが、様々なシートアレンジが可能なスロープ車はご家族全員でのお出掛けや、福祉施設・医療施設の送迎車など様々なシーンで幅広く利 用されています。



リフターの特徴

リフターとは、車いすを乗せて昇降する台(リフター)が車両後部に装備されています。

福祉車両スロープ・リフタータイプ

リフターに車いすを乗せ、簡単なリモコン操作を行うことにより、全自動で車いすを車内へ乗車させてくれます。

福祉車両スロープ・リフタータイプ

また、リフター自体に車いすの固定装置が装備されているので、リフターの動作中も車いすの方は安心してご乗車いただけます。
リモコン操作も簡単で分かりやすいので、とても便利です。
リフタータイプの欠点は、車内のリフターのスペースに場所をとるので乗車定員に限りがあることと、スロープ車に比べ開口高がやや低めである点です。

福祉車両スロープ・リフタータイプ

しかしながらスロープ車とは異なり、車いすを押すなどの作業が減り、介護者の方の負担は大幅に軽減されます。
もちろん、車いすの方の安全面もしっかりと考慮されている設計なので安心してご利用いただけるお車です。
ご家庭でのご活用はもちろんのこと福祉施設などの、送迎車としてのご利用にもおすすめです。

スロープ・リフタータイプ在庫一覧
当社に在庫がない車両をお探しの場合でも、
お客様が希望する車両を全国からお探しすることができます。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
トップページ | 会社概要 | 納車までの流れ | 福祉車両の機能説明 | 福祉車両の免税制度
新着入庫情報 | 在庫情報一覧 | よくある質問 | 中古車買取り | 納車実績 | プライバシーポリシー | リンク | お問い合わせ
Copyright (C) 株式会社ログプランニング All rights reserved.